banner

免税について

会社設立と免税について


会社設立というのは税制上のメリットを得るために行うという場合もあります。例えば個人で事業をする場合には必ずしも会社設立をする必要はないのですが、会社設立をした方が色々な面でメリットがあるために起業をするという人もいるのです。

具体的には事業が軌道に乗ってある程度大きくなってきた時がそのポイントとなります。勿論、会社設立をしてから事業をスタートする人も珍しくはありません。

むしろこの流れの方が自然に思えるくらいです。しかし現実には事業を軌道に乗せるというのは非常に難しいものであり、ある程度目途がたってから起業をする方が良いのかもしれません。
会社を立ち上げると何が良いのかについては、多くの側面で支払う税金が少なくなるという金銭的なメリットが挙げられます。例えば個人事業主、つまり会社を作らずに事業をする場合は全ての売り上げが雑収入で入ってくることになります。勿論、税金に関してはこの雑収入に対してかかります。この辺りが会社を作った方が良いというポイントになります。

もしもこのようなケースで会社を作っていた場合、売上から自分の取り分を給与として抜く際に経費として扱うことが出来るのです。経費として扱う場合には税金がかからない免税の額として自分の給与を計上することが出来ます。

この点が会社設立をした方が良い大きなメリットとして考えることが出来ます。ある程度の売り上げが確保できるようになり、安定して自分の取り分を確保できるようになってきたら会社設立をして、税金を安くするにはちょうど良い選択肢となります。
なお、事業が大きくなり年間1000万円以上の売り上げを計上するようになると消費税の支払い義務が発生します。この消費税は2014年現在8%が課されていますので非常に大きな金額となります。しかし会社を設立することで、二年間に関しては消費税を免税にしてもらえるという非常に大きなメリットを得ることが出来ます、そのため個人事業主についてはこの消費税の支払い義務が発生するころに会社設立を意識し始めることが多くなっています。

基本的に免税が発生するのは消費税に関してのみですが、減税となる要素は沢山存在しています。特に給与関係を経費として計上できるのは非常に有利な制度であるため、複数で事業を行うようになると法人化した方が良いケースが増えてきます。

事業に関する責任も会社設立することで有限責任になるので安心することも出来ます。

Copyright(c) 2014 会社設立で考えたい様々な可能性を調べましたAll Rights Reserved.