banner

会社設立のプレゼント

会社設立のプレゼントには何を贈るべき?


会社設立はそれぞれの人が目指して努力をしていった結果においてのみ、達成されるものです。
何かをしていたら自然にそうなったといったようなケースはほとんどなく、新しく会社設立が行われたのであれば、その影には必ず多くの努力が存在しています。

友人や知人、取引先などが会社設立を終えたというような場合であれば、その労をねぎらうためにも「プレゼント」を贈るべきといえるでしょう。ですがそうした人の会社設立というものは人生においてそう何度もあることではありません。

中には人生において一度もそういった機会がないという人もいますから、プレゼントを贈るにも何を送ればいいか迷ってしまうという人が少ないないでしょう。
そうした場合には、いわゆる「定番」と呼ばれるようなものが何かということを知っておくだけでもプレゼント選びが格段に楽になります。

まず会社設立のお祝いの定番となるのは「花」です。美しく空間を飾り立てるような花は誰が相手であっても喜んでくれるものとなりますし、日本国内であれば遠方でも発送をしてくれるような花屋が多く存在していますから、広い選択肢を用意するということが可能です。
花を贈るときに何よりも注意をしたいのが「香り」です。

これは相手の業種などにもよりますが、一般的には空間すべてに匂いが広がるような花は適していません。花の色も注意が必要なポイントで、「赤字」を連想させるような赤い花はお祝いの場にそぐわないものとなります。

またオフィスを開業したというような場合であればパキラなどの育成しやすい観葉植物も人気が高くなります。花以外のものを贈りたいというような際には時計やコーヒーメーカー、カップなどの食器類などの実用品も非常に好まれます。

ですがこういった実用品は相手の好みを知らなくては選べないということや、時計など、一定のスペースを必要とするようなものは、事前に相手先の会社に設置するスペースがあるかどうかということをチェックしておくと良いでしょう。

相手に何を贈れば喜ばれるのかわからないというような場合であれば、現金を贈るというのも選択肢の一つです。会社設立のお祝いの相場としては知人が相手なら5千円から1万円、友人なら1万円~3万円、取引先が相手なら1万円~5万円が相場となります。

兄弟姉妹や両親のような家族が相手の場合は2万円~5万円となりますが、一般的には2万円程度を包む人が多くなっています。これらとは対照的に避けるべきといえるのが灰皿やストーブといった「火」にまつわるものです。

赤い炎は「赤字」や「炎上」を連想させますので、お祝いごとにはあまり適していないのです。会社設立は相手にとって人生の一大イベントであるだけに、しっかりとお祝いできるものをチョイスするように心がけましょう。

Copyright(c) 2014 会社設立で考えたい様々な可能性を調べましたAll Rights Reserved.