banner

最近の投稿

会社設立の通知

会社設立の通知はどうすればいいの?


会社設立は、それ行う人にとって人生の一大イベントです。これから運営していく会社が大きくなり全国に名をはせるような大企業になるのか、それとも中小企業として地域に欠かせない存在となっていくのか、それは会社設立を行った創立者の考えと手腕にかかっています。

創立された会社のこれからの歴史を作っていくうえで、まず最初に行わなくてはいけない仕事のひとつとなるのが「会社設立の通知」です。

一見するとさほど重要ではないものにも見えますが、実際にはこれから取引を行っていきたい相手や、これまでお世話になった相手などに、自身が無事会社設立を終えたということや、これからの関係維持を願うという面においてこれほど大切なものもないのです。

では実際には会社設立の通知はどのように行えばよいのでしょうか。まずもっとも気にするべきは「タイミング」です。

これは一般的に会社設立の登記が終わった直後ということになります。登記が完了していない段階だと、書類の不備などで設立が完了するまで期間がかかってしまうこともありますし、冬季が終わったのにいつまでもそれを教えないでいると、相手に教えるタイミングを逸するだけではなく、誰かから言伝てに相手に伝わってしまうと、相手にとっては「会社設立を教えてもらえなかった」という不満が生まれてしまうからです。

そのため冬季が終わったというような場合にはなるべく早い段階で通知を送れるように準備しておくと良いでしょう。

次いで気にするべきは「内容」ですが、ここには一般的な挨拶などを盛り込むのはもちろんのこと、会社の設立が完了したのはいつなのか、また登記した際の屋号は何なのかということを明らかにしておくことが重要です。

この「設立が完了したのはいつか」ということに関しては、法務局で会社を登記した日を記すのが最も良いでしょう。

ここで「法務局で登記した日」を書面に書き記す必要があるということも、通知を贈るのは冬季が認められた後が良いという理由のひとつです。またもしも会社設立が完了したに当たって創立記念パーティーなどを催すのであれば、併せてその日時や会場を記しておくというのも非常に有効です。

その際には併せていつごろまでに参加の可否を返信すればよいのかということを書いておくことも忘れないように心がけましょう。

こうした通知は現在、さまざまな会社で作成してもらうことが可能ですので、事前に自社のニーズにあった書面を作ってもらえるような場所を探しておくのが無難です。

Copyright(c) 2014 会社設立で考えたい様々な可能性を調べましたAll Rights Reserved.